お金持ちがなんで節約をするの?そこに億万長者になる秘訣がある!

2021年1月23日

お金持ちが節約をする理由

「本当のお金持ちは、倹約家が多い」というのは本当です。
収入が多く、資産もあるお金持ちは、お金の使い方に慎重でよく考えてから使っています。
他人から見れば「ケチ」と思われることも平気だったりします。

「お金持ち=派手」と考えがちですが、そういう人は成金が多いです。
事業の成功や宝くじの当選など急にお金が入ってきた人は、上手く使う方法を知らないのでつい、無駄遣いをします。
高級マンションに住んだり、高級車を買ったり、外食三昧となりがちです。
話題のYoutuberにも多いですよね。

そのため、数年でお金を使い果たして貧困になる人も多いです。
「お金を稼ぐのは大変なのに使うとあっという間になくなる」という事を成金は、わかっていません。
また、急にお金を持つとお金のトラブルに巻き込まれやすいです。

しかし、本当のお金持ちは、親からお金の使い方を学んでいたりと教育をされていますので「お金の性質」をよくわかっています。
さらに「他人よりお金を持っている」ということをなるべく隠そうとします。
お金持ちをアピールすることは、マイナスしかないと考えているからです。
住まいも必要と考えてから購入、車も価格が高くても安全性や長く乗れることを考慮して購入します。
服も意外とユニクロ愛用者が多いです。
なので一見すると地味です。

また、最初に高いものを買って長く使う人も多いです。
スーツやカバンを直しながら10年以上着る人も珍しくありません。
その方が安いものを頻繁に買い換えるよりもコスパがいいです。

臨時収入の使いみちに差が出る

例えば臨時収入で1万円が入ったとします。
皆さんは、何に使いますか?
1万円って嬉しい金額ですが何か大きいものを買うには少ないですし、ちょっと使い始めたらあっという間になくなる金額です。
一般的な人は、「わーい!臨時収入だ〜!」と喜んで外食をすると思います。
友人や家族と行けばお会計は1万円くらいはいきます。
支払ってそれで終わりです。

でもよく考えてください。
その外食で使った1万円ですが、食事自体に1万円の価値がありません。
飲食店の料理の材料原価は、3割くらいと言われています。
そこに人件費、家賃などが上乗せされています。
食べて美味しかった料理以外の目に見えない経費を実は、支払っているのです。
総合してサービス料と言えばわかりやすいかもしれません。
という事は、実質1万円の価値がないものに1万円札を渡してしまっているので大きな損をしています。

「美味しい料理を食べたんだから別にいいじゃん」と言われればそれまですですがこういうお金の使い方をしているとお金持ちにはなりません。
よく外食が多い人は貯金が少ないと言われますがこういう原理が働いているからです。

それでは、お金持ちは、1万円をどう使うのでしょうか?
いろんな意見がありますが共通しているのは「1万円以上の価値に使う」です。
どういうことかと言いますとせっかくの1万円を1万円以下にしないことです。

1万円札をそのまま銀行口座に預けるというのは、価値を下げない一つの方法です。
使わずに貯金をしておけば1万円という価値は、そのままです。
1ヶ月後に通帳を見ても1万円は残っています。
減っていません。

また、チャレンジするタイプであれば「金」を買うという人もいるでしょう。
1万円分の金を買っておけば将来、価値が上がる可能性があります。
相場で日々、価値が変動しますが外食で使ったようになくなることはありません。

他にも少額投資をすることも可能です。

このようにお金持ちの考えは、価値を無駄にしないようにします。
そのためには、日頃から経済ニュースを見たり、勉強したりして知識を深める必要があります。

繰り返しますがお金を稼ぐのは大変です。使うのは簡単です。
手元に入ってきたお金をいかに上手く使うかでお金持ちの道が開けます。