カテゴリー
占い

お金が貯まらない手相は?【浪費・無駄遣い・貯金ゼロ】

お金というのは、生きていくために必要なものですが人によって考え方が違います。
給料をコツコツと貯める人もいればあるだけ使ってしまう人もいます。
どちらが正しいということはなく、その人の人生が豊かになればお金の使い方に決まりはありません。

しかし、世の中の景気低迷や増税など日々の暮らしのコストが上がっていく昨今では、貯金があった方が安心という方が多いです。
そこで銀行に預金しても増えませんので投資を始めたり、副業をして収入を増やすなど工夫をしています。
また、子供がいる家庭では、将来の進学のための学費を貯金していたりもします。
先の暮らしが不安になればなるほど貯金意欲が高まるのだと思います。

一方、貯金はしない派の方の言い分として、体が健康で楽しめるうちにお金を使うのが一番という考え方があります。
旅行や外食などは、お金を使わないと得られない体験ですよね。
人生経験を豊富にするにはやはりお金を使わないといけないと思います。

今、この文章を読んでいるご自身の金銭感覚は、どちらでしょうか?
貯金派と思っている方は、思ったように貯金はできていますか?
貯めたいと思っているのになかなか増えない、出費がかさんで貯まらないと人も多いと思います。

そこで今回は、お金が貯まらない手相をご紹介します。

ご自身の手相を客観的に見ることで金銭感覚を変えることができると思います。
また、結婚予定の彼氏や旦那さんの手相をみて「貯金するタイプ」なのか判断するのも良いと思います。

細かい財運線が多いとお金が貯まらない

その人のお金の状況がわかる手相が「財運線」です。
小指の付け根の下にある縦線です。

財運線があるか、ないか、くっきりとしているかしていないかなどでお金の状況が違います。

今回のように貯金ができない方は、財運線が一応あるのに短い線が何本も藁のように並んでいる人です。
本来、財運線はハッキリクッキリとした線が1本、2本あるのがベストなのですが細い線が何本もあるのはダメです。
手相を知らない人がみてもなんだか頼りなさそうに見えませんか?

また、その他の特徴として手相がやたらと薄いとか、男性なのに手がほっそりと力強さを感じないなどは、お金を稼ぐ力も弱いと判断できます。

以上のように財運線が弱いと外出するとつい衝動買いをしたり、クレジットカードで買い物をしすぎたりしますので貯金派になるなら改めていきましょう。

お金が貯まらない手相を改善する方法は?

さっそく手相を見たら「お金が貯まらない線」だったという方は、落ち込まないで下さい。
解決策はいくつかあります。

まずは、一人で行動するとお金を使ってしまうので家族やパートナーに管理をしてもらいましょう。
お金を使いたい時は、その人に許可を得てから使うようにすればいいのです。
最初は、イライラするかもしれませんが貯金をするための行動です。

管理を託す人がいない場合は、自分自身で管理するのですが、極端にお金を使うのを止めてみましょう。
生活に必要なもの以外の「欲しい物」や「食べたい物」、「行きたい所」を我慢してみて下さい。
3ヶ月から半年でも大丈夫です。

そしてその間に使わないお金を貯金して通帳を見て下さい。
「欲しい物を我慢するとお金が貯まる」というのが見て確認ができます。

その意識が頭に入ったら我慢したものを少し緩めてお金を使って下さい。
欲しい物を全てではなく1個、2個くらい選んで使ってあとは我慢して、また貯金をします。
これを繰り返すと以前よりは貯金ができます。

最後に伝えたいことは「手相を変わる」ということです。
意識をして行動していくことで先の未来が変わります。
そうすると「お金が貯まらない手相」だった弱い財運線がいつしか太くなります。

年数はかかりますが必ず改善できますので挑戦してみて下さい。
お金の穴トップページ>>