広告 行動

転職すると人生が変わる?失敗しない転職方法とは?

本サイトはプロモーションが含まれています。

転職で人生が変わるのか?

私も何度か転職した経験がありますが、後悔したことはありません。
よく辞めた後に前の職場の良さに気づくと言われますが、確かに良かったこともたくさんあったのでそう思うこともあります。
しかし、転職したことで前職では、会えないような人との出会いや仕事の達成感もあるのでいつまでも「前が良かった」ということにはなりませんでした。
新たな場所で自分があまり自信がなかったことを改めて挑戦できたり、評価されなかった知識や技術が評価されたりと転職で得られることはたくさんあります。
もし、転職しようと悩んでいる人がいたら迷わず「転職した方がいいよ!」と言います。
ただし、家族が居たりなど自分一人だけで判断できない場合は別なので、そこはよく相談してください。

転職で人生は変わる

これは人によりますので絶対良くなるよ!とは言えません。
転職して失敗する場合もあるかもしれません。
そこで私が思う転職の失敗する可能性を考えてみました。

逃げ出すように退職をする

世の中、たくさんの会社があって「働きづらい」と思うところはあります。
大企業になれば、個人の意見が通りにくいとか、上下関係が厳しいとかあります。
小さい中小企業になれば、社長の考えが絶対的になりますので、面倒なこともあります。
特に家族経営だと気付かれもしますよね。
また、給料が上がるのも難しいです。
そんな状況が「嫌だ!」と思って辞めるのはいいのですが、だからといって次の職場が天国といことはありません。
また同じような環境になることがあります。
これはなぜなのか?それは自分自身が変わっていないまま転職するので似たような会社に就職するからです。
今のままだと似たような会社しか採用してくれないのです。
人生を変えるような転職をするのであれば、自分自身を変える必要があり、全く別の業種にいくのもありだと思います。
そのためには、今の状況で何か勉強したり、資格を取得したりなど努力が必要です。

未経験の業種が合わなかった

意を決して全く別の業種に飛び込んだけど合わなかったという失敗もあります。
先程、述べたように人生を変える転職には、別業種もありと言いましたが、人によってはダメな場合があります。
例えば、今まで工場で製造業をしていた人が、接客が多い営業に行ったらストレスがたまるというようなことです。
その人が持つ魅力や性格がその仕事に合わないことがあるので注意が必要です。
そうなると毎日のように「前の職場が楽だった」と同僚の顔が浮かんでしまいます。
この状況にならない方法としては、副業で体験しておくことです。
例えば、週末の休日を利用して接客のようなことをしてみるとか、友人に頼んで手伝いをさせてもらうとか方法はいろいろあります。
特に今はネットで短時間の仕事を募集していたりしますので利用をおすすめします。
仕事の情報も入ってくると思います。

残業なしや休日の条件で選んでしまった

今の職場の不満が「残業が多い」「休日出勤がたまにある」という場合、転職先はその悩みが解消されているところを探すと思います。家族が居る方であれば、奥さんやお子さんと過ごす時間を多くしたいはずです。
そう思って転職したのに失敗することがあります。
それは定時に帰宅できる代わりに「実績を確実に求められる」ということです。
自由な社風だけど結果を出しなさいという会社もあります。
そうなると実績を出せない社員は給料に影響するとなると大変なことになります。
この状況にストレスを感じてしまって転職を失敗する場合があるので注意が必要です。
実際に働いてみないとわからないこともありますが、なるべく入社前の面接時にこの情報を引き出せるようにした方が良いです。
また、ある程度、知られた会社ではあればネットに口コミが掲載されていますので参考にすると良いでしょう。

以上のように転職で人生を変えることができますが、失敗をしないように気をつけてください。

PR

PR

-行動
-,