お金、占い、風水、仕事、生活をテーマにした情報サイトです。

お金の穴

人間関係

【金銭トラブル】友達にお金を貸してと言われた時の断り方はどうすればいいの?

更新日:

友達にお金を貸してと言われた時の断り方
ある日、仲が良い友達からお金を貸してほしいと言われたらどうすればいいのか?
長い付き合いの中でそんなことがあるかもしれません。
友人関係でお金の相談をするのは通常は、とても恥ずかしいことです。
それをわかっていながら頼んでくるのはよほど困っているはずです。
一方でお金の貸し借りで友人関係が崩れてしまう可能性もあると思うと悩みます。
しかし、楽しい時も悲しい時もその友達がそばに居てくれた、相談にのってくれたなど思い出があるほど情に負けて貸してしまいそうになります。

しかし、ちょっと待って下さい。
一呼吸をしてその話をよく聞くことが先です。
そして、その借金の申し込みは断る方向で考えていきましょう。
やはりお金を貸してしまうと返済期日が遅れた時など言いづらいですし、今後、会う時も一つ壁ができたような雰囲気になります。

お金を貸さずに解決策を一緒に考えるのが友情です。

解決策を一緒に考えるのが友情
例え借金の金額が手元のお金で済む金額でも貸すのは止めましょう。
きっぱりと「ごめんなさい、お金は貸せないよ」と言いましょう。
その代わり借金をする理由をじっくりと聞いてあげることが先です。

人間は困っている時、非常に焦っているので考える視野が狭くなっています。
そのためいろいろと調べれば良い解決方法があるかもしれないのに考えずにすぐに借金を選択している可能性があります。

例えば数万円程度の金額であれば身の回りの物をメルカリで売って処分すればお金になります。
そういう選択肢を知らないかもしれないのです。

友達としてできるのは、その解決できる方法を一緒に考えてできれば実行してあげることです。
その友達もきっと相談ができる人がいないのであなたを頼ったのかもしれません。
自分の知識を友達と共有をして頑張ってみましょう。

その時に大事なのは、実行することは全てその友達にさせることです。
知識や情報を与えるだけにして実際に解決する過程は、友達にさせないと今後の事を考えると意味がなくなるからです。

借金をする理由は話せないと言われたら

友達として相談に乗りたいところですが借金を申し込んだ理由は話せないと言われる場合もあるかもしれません。
理由が恥ずかしいことなのか、個人的な事過ぎて言えないのか、それともそれほどたいした内容ではないのか。
理由を話せないとなると当然、お金を貸してはいけませんが解決策を一緒に考えることができません。

その場合は、「何もできない」と謝って「話せる時がきたら相談してほしい、一緒に考えよう!」と言って一人じゃないという事を伝えましょう。
きっと心の整理がついたら話してくれるはずです。

以上のように友達からの借金は、丁寧に断りましょう。
悩んでいる時は、とことん話す事で良い未来が見えてくるはずです。

お金の穴トップページ>

-人間関係
-,

Copyright© お金の穴 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.