占い

細かい線が多い手相の人の性格は?

細かい線が多い人の性格

手相を見ると、「細かい線がたくさんある人」がいます。
細かい線というのは、主線のまわりにシワシワと出ている線のことです。
主線というのは、主に生命線、頭脳線、感情線のことを言います。
この3つの線は、ほとんどの方にある線です。
※マスカケ線は除く

たくさんあり過ぎるので時に「○○線なのか?」と迷うことも多いです。
逆に「数えるくらい線が少ない」人もいます。
今回は、その違いについて解説をします。

細かい線が多い人は神経質

細かい線が多い人に共通する性格は「神経質」です。
いろんな事に対して、細かい所まで気にする性格なので、もっと言えば心配性です。
仕事でも影響して、他の人が適当に終わらせることでも自分で納得できるまで再確認をしたり、時間をかけたりします。
仕事が遅いわけではないのですが、他の人より手間をかけてしっかりと仕上げるタイプです。
そうしないと後で「大丈夫か?」「ミスしていないか?」など心配をしてしまいます。

実は私自身も「両手の手相が細かい線だらけ」なのですが、神経質です(笑)
さらに物事に対して気にして心配になります。

こういう性格になりますと、やはり頭が疲れやすくなります。
酷くなると悩みやすい性格になるかもしれません。

生まれつき持った性格を変えることはできませんので、適度にストレス発散をする方法を見つけるのが良いと思います。

神経質のメリット

神経質で心配性だからと言って悪いことばかりではありません。
仕事は、他の人より信頼できる結果を出しますので、正確性を求められる仕事が合っています。

例えば、パソコンによるデータ入力やプログラミングなどタイプミスが無いことが求められます。
また、モノ作りも良いでしょう。
きっちりと計算通りに作らないといけませんので神経質じゃないとできない仕事です。

このように神経質、心配性が活かせる仕事もありますので、もし、転職で迷っている方で「細かい線が多い手相」なら検討してみてはいかがでしょうか?

トップページ>>

-占い
-,