本サイトはプロモーションが含まれています。

広告 占い

苦労が多い人生になる手相とは?晩年に良くなる可能性は?

人生で苦労する手相

「若い時の苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、本当に苦労が多いと嫌になりますよね。
できれば苦労せずに生きたいと思うはずです。
例えば、同じ苦労でも受験や就職くらいならまだ何とかなります。
しかし、借金でお金の苦労をするとか、家庭環境のこと、人間関係など簡単に解決できない問題が本当の苦労だと思います。
そんな苦労をする人としない人がいますが、手相でその様子を判断することができます。
若い時に辛くても、年を取った晩年に人生が好転することもあるので日々、頑張るしかないと思います。

人生で苦労をする手相

苦労してしまう手相はいくつかあります。
もし、該当したとしても落ち込まずに前向きになりましょう!
私も運命線の蛇行や障害線と思われるものがいくつかありました。

1.運命線が途切れ途切れになっている。
仕事運を見る場合に運命線で判断しますが、途切れ途切れになっているのは、挫折が多いと見れます。つまり、転職をします。
なかなか自分に合った仕事や満足できる仕事に巡り合わない状況です。

2.運命線が蛇行している。
人生において低迷期を判断できる時期になります。なかなか思うようにならずにイライラすることもあるでしょう。
しかし、蛇行しながらも運命線が伸びていれば道は開けるはずです。
詳しくは、運命線が蛇行している手相の見方をご覧下さい。

3.財運線に障害線がある。
財運線は、お金を稼ぐかどうかを見る線です。
この線があるということは、稼ぐ能力があります。
特に頭脳線から伸びていれば「頭で稼ぐ」「儲ける発想ができる」とみれます。
しかし、その財運線に横から突き刺すような障害線があると「お金の苦労」があります。
負けずに努力をして新たに稼ぐようになれば大丈夫です。

4.手相全体に横線が多い。
手相というのは、基本的にハッキリと濃い縦線が多い方が吉相となります。
逆に細かい横線が多いと神経質な性格でうまくいっても邪魔が入るので苦労します。
線を無くすことは、なかなか難しいので気持ちを強くなる努力をすることが大事です。

晩年に良くなる好転する手相

以上のように生まれながれにして苦労してしまう人生というのはあります。
しかし、指の付け根付近に縦線が伸びていれば、晩年に良い人生を送ることができます。
努力すれば手相は変わります。細かった線も太くなります。諦めずに夢を持って頑張りましょう!

苦労があっても諦めない人生

木村さん(仮名)は、育った環境が貧困で勉強もあまりできる環境ではなく10代で働くことになりました。
努力家で真面目な性格が評価され、就職した工場では順調に出世をしました。
また、周りからの信頼も厚くやりがいのある毎日を過ごしました。
そして、良縁に恵まれて結婚し、子供も授かり、一生懸命に働きました。

人生の途中、親戚との揉め事で悩まされる時期もありましたが、何とか乗り切って会社も定年まで勤めました。
そして、定年後は以前に購入した土地で何か始めようと思っていたのですが、なんとその土地が開発計画によって地価が上がり、予想もしていなかったお金を手にすることになりました。

若い頃は、理不尽なことが多く苦労もしましたが、晩年は余裕のある生活を妻と過ごすことができています。

【関連記事】
老後お金に困らない手相とは?
定年退職後も仕事を続ける手相

学研プラス
¥1,430 (2023/12/17 10:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

-占い
-,