本サイトはプロモーションが含まれています。

広告 占い

老後お金に困らない手相とは?晩年は幸せな暮らし

数年前に「老後2000万円問題」という言葉が話題になりました。
定年65歳以降30年間の暮らしで2000万円が必要と金融庁が発表して国民は同様しました。
しかし現在は、さらなる物価上昇で、このままいけば2000万円では足りないという考え方が広まりつつあります。
この先の不安が大きくなる一方です。

スポンサーリンク



そこで中年になると考えるのが「老後の暮らしは大丈夫だろうか?」だと思います。
70歳、80歳まで働く必要性があるのか?どうか考えてしまいますよね。
そこで手相で判断できる線がありますのでご紹介します。

老後にお金に困らない手相

晩年に開運する手相

若い頃は、生活に苦労しても人生の後半、晩年に開運する手相があります。
その相があれば老後の生活は大丈夫でしょう。

手のひらの中央から伸びる運命線

運命線というのは、手首の中央から中指の付け根くらいまで伸びる縦線のことです。
ぐっと太い運命線が伸びていると、好きな仕事に恵まれて活躍できるとされています。
逆に運命線がないと思うような仕事ができないと判断できます。

この運命線が手のひら中央付近から現れて伸びている場合は、人生の後半に開運します。
年齢で言うと45歳くらいになります。
それまでの人生は、転職を繰り返したり、辛い会社員時代を過ごしたりしますが、後半に自分に合った仕事ができる運命です。
運命線が中指の付け根まで伸びていれば、老後も人から頼りにされて仕事をすることになります。
好きな仕事を自分のペースでできれば幸せものです。

太陽線と財運線がある

薬指の付け根下から伸びる縦線が「太陽線」、小指の付け根下から伸びる縦線が「財運線」です。
この2本が、はっきりとした線で伸びていれば老後は安泰です。
成功者の手相には必ずある「太陽線」と「財運線」があれば、貯金や資産を上手く運用して老後の生活費にあてることができます。
財運線が長く伸びている人は商才がありますので、もしかしたら晩年も商売をしているかもしれません。
個人商店なのか、会社経営なのかはわかりませんが、お金が入ってくる手段を持っていることになります。
その仕事からの報酬で十分に楽な老後が過ごせるでしょう。

太く濃い太陽線は宝くじの当選?

太く濃い太陽線が1本、ピンっと伸びていれば、かなり成功運が高い状況になります。
もしかしたら宝くじが当たって老後の資金ができるかもしれません。
これはあくまで可能性の話なので、宝くじが当たる手相というのは、ありません。
趣味程度にお小遣いの範囲で買ってみてはいかがでしょうか。

以上が老後のお金にまつわる手相でした。
もし、「どの線もないよ」という場合は、若いうちに努力をしておきましょう。

【関連記事】
お金が貯まらない手相は?
苦労が多い人生になる手相
将来、独立開業する起業線はコレ!

著:田口 二州
¥1,705 (2023/09/11 21:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

-占い
-,