本サイトはプロモーションが含まれています。

広告 占い

手相でわかる!転職の成功率を上げる方法と転職先の適性

学校を卒業して、就職して定年まで勤めるという考え方は過去のものです。
今は、やりがいや収入アップを目指して何度かの転職をするのが当たり前となってきています。
特に若い世代ほど転職を意識した働き方を望んでいます。

実は、手相占いでも転職する時期を判断することができます。
さらに、どんな仕事が合っているのかの適正も判断できます。

好きな仕事も大事ですが、自分に合った仕事を選ぶことでストレスが少なく、活躍できると思います。

運命線でわかる転職のタイミング

手相占いで仕事運を判断するメインの線が運命線です。
手首中央から中指の付け根に向かって伸びる線です。
くっきりとした太い線で、まっすぐに伸びている運命線が一番良いです。
自分が好きな環境で生涯仕事をすることができます。

この運命線で転職のタイミングがわかります。

運命線が途切れている地点

運命線が途中で途切れている場合は、そこで転機が訪れることを意味します。
今までとは環境が変わるということになります。
0歳から始まって中央あたりが、35歳から40歳に位置しますが、もしその辺りで途切れていたら、転職の可能性が高いです。
そして、途切れがいくつかある場合は、転職の回数を意味します。
※必ず転職となるとは限りませんが、環境が変わることはありえます。
詳しくは「運命線が途中で途切れているとどうなる?」をご覧ください。

手相で仕事の適正がわかる

自分に合った仕事は何だろう?と悩むことがあると思います。
やってみたい仕事と合っている仕事は違うので難しいところです。
そこで手相を見て判断してみるのはどうでしょうか。

・頭脳線がまっすぐ:プログラマー、パソコン業務、分析、調査業務、事務員、経理などが向いています。

・頭脳線が下方向に曲線を描く:営業職、接客業、サービス業などが向いています。

・人差し指の付け根下に#がある:人に物事を教えるのが得意なので教師や指導員が向いています。

このように手相で適職を判断することができますので参考にしてみてください。
適職がわかれば、面接も上手くいって転職の成功率も上がります。

学研プラス
¥1,430 (2023/12/10 11:13時点 | Amazon調べ)

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

お金の勉強

人生に疲れてしまった時に手相占いに出会い、さらに風水を勉強しました。目標をもって意識していくことで徐々に運気が上がりました。 そんな経験からこのブログを通して皆様にお伝えできればと思います。

-占い
-,